FANDOM


テンプレート:特筆性

南極大空戦(なんきょくだいくうせん)とはアメリカテレビドラマスターゲイト SG-1』の中に出てくる架空の戦いである。地球(U.S.A.F)とアヌビスとの戦いである。

概要 編集

始まりはアヌビス艦隊先遣隊地球に現れたことである。先遣隊は以下に記す。

その後先遣隊は 第11空母航空団空母ニミッツ及び駆逐艦スプルアンス等に攻撃を仕掛ける。その後アヌビスの主力部隊が襲来し南極へ攻撃をかける。

それに対抗するために宇宙船プロメテウスや宇宙戦闘機F-302が出動し空中戦がはじまる。

流れ 編集

SG1の乗るゴアウルドの貨物船が南極に到達する。

アヌビスが探知し多数のアルケシュ及びデスグライダーを発進させる。

数分後貨物船の近くに到達。その直後USAFのプロメテウスが到達 プロメテウスはアルケシュにミサイルを発射しF-302は主にデスグライダーを攻撃する。

F-302搭載兵器が底をつきプロメテウスも外殻に損傷。SG1の貨物船は氷を掘り終わり、ブレイタクは貨物船を動かす。

アヌビスの旗艦がプロメテウスに宇宙から集中攻撃を仕掛けプロメテウスはアヌビスに特攻をすることに決定。ミッチェル大尉(現在は中佐)の機が撃墜される。

SG1はエンシェントの砦の到達するがそこにアヌビスのスーパー戦士が転送リングで現れ銃撃戦が始まる。しかしその中オニール大佐はエンシェントのコントロールチェアーに座りドローンを発射。デスグライダー及びアルケシュは瞬時に撃破される。

その後大量のドローンアヌビス艦隊を目指し進む。プロメテウスのアヌビス艦隊到達前にドローンが攻撃を仕掛けプロメテウスは間一髪回避する。


テンプレート:Tv-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。